基礎から屋根裏まで、空気の流れをつくり棟から排気する 理想的な換気システム「エアスルー」

安全大会


2019.6.5 Wed


こんにちは。 松田です。

昨日はグループ全体での安全大会です。

例年通りの現場での安全対策、事故発生事例、そして熱中症対策の内容に加えて、今年は救急救命士の方を迎えて突発的な事故や症状(心梗塞、卒中など)への備え・心構えのお話を頂きました。

印象的だったのは救命講習の受講回数についての話でした。

「救命講習を受けたことのある人はいますか?」との質問にほとんどの出席者が手をあげました。

それは良いことだと、ほおーっと思っていると、

「2回以上、受けたことがある人いますか?」との質問に対しては、

ほとんど手は上がらない状況でした。

 

講師の方が言いたかったのは、1回だけではいざという時に動けないことが多い。

だから、自信を付ける為にも2回3回と受けた方がよいとう事。

 

色々と納得です。

 

「受けた。知っている」という自己満足だけでなく、

その経験を活かすことができるレベルまで努力する

というのは何事にも大事なのだなと改めて確認しました。

 

 

 

ちなみに、実技体験では我が社の社長が一番に名乗り出て一生懸命に頑張っておりました。

今年も安全に過ごす為に常に注意意識をもっていたいと思います。 EC00D98A-83E8-4901-9A81-AD9BEE7897EA

 

46D90713-4E51-48A3-847C-A7920E95C387

 

S__22380548

S__22380549