基礎から屋根裏まで、空気の流れをつくり棟から排気する 理想的な換気システム「エアスルー」

夏の住宅換気について


2016.8.19 Fri


こんにちは、松田です。

今年の夏も暑いですね。

特に今週は台風の影響からか猛暑日が続いていて辛いです。

 

さて、そこで唐突ですが、住宅づくりに係る皆様は夏の暑さ対策はどのように考えていますか?

 

現代の住宅は、気密断熱性に優れていて

昔の家と異なり、高気密・高断熱住宅は隙間がない分、夏は暑いというのが悩みどころ。

 

かといって、エアコンの使用量が増えればつまる所の省エネ住宅とは言えないと思うのです。

 

 

そのような時はどうされていますか?

 

 

司コーポレーションでは「気密の解除」を問題解消の秘訣として進めております。

「気密の解除」とは何かと言いますと、一番簡単な方法は窓を開けることです。

 

しかしながら、昨今は四六時中窓を開けていられるわけではありません。(防犯面や就寝時などなど)

なので、そういった面をクリアして

「住宅の構造自体で気密を解除」させること、

が最も優れた方法となります。

 

弊社は創業以来この研究を続けて、

棟排気システム「家まるごと換気エアスルー」の提案・部材提供をしてきました。

(提供実績はなんと1000棟を超えています!!)

 

「家まるごと換気エアスルー」のポイントは

 

「夏だけ」住宅の「基礎の一部」と「棟の一部」の気密を解除して空気の流れを家の中に作る事です。

(そうでないと冬が寒い!!)

エアムーブ住宅 夏
換気の考え方

 

 

ただし、夏の暑さ対策は、建物内の熱気を抜くことだけでは解決しません。

「基礎の一部」を気密解除させて床下のコンクリートにある「冷気」を室内に取り入れて室温を下げる工夫をします。

そしてもう一つ、「夏の湿気」を排除する工夫も必要です。湿気は温度の高い所に集まります。

建物で最も熱気が集まる「棟」から熱気と共に湿気を排出させると、体感温度が下がりエアコンの使用量も減るというしくみです。

 

 

エアスルー
家まるごと換気「エアスルー」

 

家まるごと換気「エアスルー」に関してご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

  • 商品説明会開催!詳しくはこちら
  • パッシブで省エネを実現「エアムーブ工法」の紹介 自然エネルギーを有効活用した工法
  • 南先生、岩前教授と学ぶこれからの省エネ基準とあるべき断熱性能工務店のための240分集中講座
  • 旧スタッフブログ
  • 司コーポレーション公式faceboook 詳しく見る

ページTOPへ